あご ニキビ 紫外線

外的な刺激からガードしよう

あごに発生するニキビの原因は様々ですが、一つの原因として考えられるのが紫外線によるダメージです。あごは紫外線に晒され易い部分ですし、肌細胞にダメージを与えてニキビに発展してしまう事もあるのです。
したがってまずは保湿を行う事が大切ですね。乾燥している肌状態ですとバリア機能が低下していますので、外的な刺激を受け易くなってしまうのです。特に年齢を重ねた女性の肌は潤い不足になっている傾向があります。たとえ脂性気味の肌だろうと実はインナードライになっており、肌の内側は潤い不足になっている可能性がありますので、きちんと保湿を行い外的な刺激から肌を保護してあげるようにしましょう。
UVカットを行うのも基本です。紫外線は年中降り注いでいますので、きちんとUVカットをしてあげる必要があります。ですから外出する際にはUVカットクリームなどを活用するなどの対策が必要ですし、また夏場などの日差しが強くなる時期には日傘を利用するなどの対策も併せて行うようにすると良いと言えます。
因みにマスクを使ってあごを隠すという対策方法もありますが、蒸れてしまうと雑菌が繁殖したり、擦れる事によって刺激になる事がありますので、マスクでの対策にも要注意ですね。

間違ったスキンケアも原因に

間違いのあるスキンケアもあごのニキビの原因になりますが、例えば原因の一つが洗い過ぎです。ニキビを予防する為だったり治す為には洗顔が大切ですが、しかしながら洗い過ぎになるのは良くありません。必要な皮脂まで落としてしまう原因になりますし、皮脂が不足すると肌を守る為に皮脂の分泌が活発になり、余計にテカリが強くなる事もあるのです。その為、洗い過ぎになっていないか確認してみましょう。
すすぎ残しが発生していないかどうかもチェックしてみる事が大切です。あごを含むフェイスラインというのはすすぎ残しが発生し易い部分でもありますので、洗顔料が肌に残ってしまって肌への負担になっている事もあります。意識してすすぐようにしないと洗顔成分が残ってしまいますので、十分に洗い流すように心掛けるのがポイントです。
時には洗顔料自体を見直してみた方が良いかもしれません。洗顔料には合う合わないがありますし、もしかしたら肌に合っていない可能性があります。肌に合わない物を使っていると当然刺激になりますし、それが原因でニキビになる事も十分に考えられます。ですから別の洗顔料も使ってみて様子を見てみる事も大切です。